お洒落で魅力的な建物、デザイナーズマンションについて解説するサイト『デザイナーズマンション』

●●●デメリット●●●

【リフォーム】

一般的に、普通のマンションは使いやすさや住みやすさを重視しているため、

キッチンは料理がしやすいようにシンクの周りを広くしていたり、北側に水場が

集中していたりと、いろいろな工夫がされているはずです。
しかし、デザイナーズマンションには生活しやすさよりもデザインを優先させている
場合が多く、変わった間取りや構造の住宅が多くあります。
デザイナーズマンションだからといって必ずしも使い勝手が悪いとはいえませんが、
そのデザイン、構造が気に入って、納得した上で購入したとしても、長年住んでみると
不便に感じることも出てくるかもしれません。
理想の間取り、デザインも、住人とそのライフスタイルによって変化するものです。
同居人が増えた、減った、模様替えをしたい、などの理由でリフォームをしたくなった場合、
構造が特殊すぎて対応できない物件があるのも事実です。
しかし、近年では住人の利便性に特化したデザイナーズマンションも増えているので、
すべての物件がこのケースに当てはまるわけではありません。

【修繕費用】

一般のマンションと比較して、デザイナーズマンションはデザイン面を追求した
建物ですので、耐久性にはそれほどコストをかけていないところもあるようです。
よく見られるコンクリートの打放しの壁は壁面塗装がされていないので、雨や直射日光の
影響を受けやすく色褪せやすいため、こまめなメンテナンスが必要となります。
修理周期が短い分それだけ修繕費がかかるのですが、さらに普通のマンションに比べて
1回の修繕費そのものも高額になります。
デザイン性ばかりを重要視した住宅は、維持費も相当な金額になる場合もありますので、
見た目のデザインだけに注目するのではなく、修理の手間がどれだけかかるか、
というポイントも物件選びの基準のひとつといえます。

【家賃や販売価格の高さ】

デザイナーズマンションは購入するにしろ、賃貸するにしろ、デザイン面でコストが
かかっているため、その分金額が高額になる傾向があります。
都心から離れた場所にあったり、周辺の環境に恵まれていなかったりする場合でも、
立地条件のわりに高い値段がつけられている場合が多いと言えます。
また、建築家によって異なる作りとなるためオリジナル性が非常に高く、似たような
マンションを見つけて比較の対象にするというのも難しいでしょう。
したがって、その家賃が本当に適正価格なのか、高すぎるのかは判断しにくいと言えます。
家賃が高いということはオーナー側から見たらメリットのようにも思えますが、
家賃の高さが原因で借り手のつかない、という物件もあるのが現状です。